シリーズコンサートが始まります!

今年度もいよいよ本日4月25日から、「聖徳学園シリーズコンサート」が始まります。

学園の学生・生徒たちが国内外の超一流の舞台芸術に触れることによって感性を磨き、世界の多様な文化へ視野を広げることができる、セイトク独自の取り組みです。

学生は学科・学年ごとに指定された公演のほか、希望すればどれでも鑑賞することができます。在学中、大学キャンパスに居ながらにして世界トップクラスの芸術を鑑賞できる貴重な経験―。かけがえのない一生の財産となりますね。

今年度の最初となる本日の公演は「入門コンサート」。大学1年生全員が鑑賞します。日本を代表するオーケストラである東京交響楽団を堀俊輔さんが指揮するコンサートです。「入門」にふさわしく、学生の皆さんにもよく知られた曲がいくつも演奏される予定です。午前中、準備が進んでいました。

入門コンサート準備

シリーズコンサートについて、ある音楽学部の3年生は
「年間スケジュールが発表になると、ワクワクしながら鑑賞日の計画を立てるんです。」

また、別の3年生は
「まったく知らなかった曲が、大好きな定番曲へと変わりました。」

卒業生からも
「オペラやバレエなど、大規模な舞台装置を伴う公演が学内で観られた経験は忘れられない宝になりました。」
との声。

音楽学部の学生はシリーズコンサートとして行われる、秋の「聖徳オペラ」や12月の「第九の夕べ」に出演する機会があり、在学中、シリーズコンサートを通じて音楽の学びの幅を大いに拡げています。

平成29年度のシリーズコンサートの日程はこちら。国内外のトップアーティストが松戸キャンパスに集います!

平成29年度シリーズコンサート