「第九の夕べ」歓喜の調べが響き渡りました!

第九の夕べ
12月13日(火)、第33回聖徳学園「第九の夕べ」がシリーズコンサートとして、聖徳大学川並香順記念講堂で開催されました。音楽学部演奏学科・音楽総合学科の1年生全員が出演。2年生以上の希望者、附属高校生、後援会の方たち、日本声楽家協会の男声合唱団とともに、歓喜の調べを堂々と歌い上げました。指揮の山本真先生と独唱の4名は音楽学部の先生方、オーケストラは日本を代表する東京交響楽団です。

独唱は、西川あや子先生(ソプラノ)、磯地美樹先生(アルト)、望月哲也先生(テノール)、甲斐栄次郎先生(バリトン)
独唱の先生方

オーケストラによる「レオノーレ」序曲第1番(作品138)の演奏後、合唱団が入場。山本真先生の適切な指揮によって磨き上げられた第1楽章から第3楽章の演奏に続き、いよいよ声楽が加わる第4楽章です。
第九の夕べ 第九の夕べ
第九の夕べ 第九の夕べ
第九の夕べ

4月から積み重ねてきた練習の成果を出し切った質の高い演奏に、満員の客席から割れんばかりの拍手が贈られました。カーテンコールは指揮者、独唱者、そして合唱指揮の春日保人先生。
第九の夕べ

「4月から練習してきた第九をステージで歌い終わった時、思っていた以上の感動と達成感がありました。ぜひ来年も歌いたいです。」(1年生)
「目の前では独唱の先生方、すぐ後ろには男声合唱の皆さんという形だったので、圧倒的な声の力に驚きましたが、自分の出せる力を精一杯出し尽くしました。」(1年生)
「学生生活最後のチャンスだと思い、出演させていただきました。思い出に残る素晴らしい体験ができました。」(4年生)
ほっとした表情の学生たち

学生たちによって、忘れられない貴重なな経験ができた一夜となりました。
*以上の写真のうち演奏写真:佐久間篤



この記事へのコメント