音楽療法士をめざして膨らむ夢と期待~第15回世界音楽療法大会に学生が参加~

7月4日~8日につくば国際会議場で開催された第15回世界音楽療法大会では、聖徳大学の学生が学生ボランティアとして、また、4年生の釜谷実里さんは学生企画のラウンドテーブル「日本の学生に聞いてみよう!」に日本の四年制大学からはただ一人参加しました。 世界の人々の実践や研究、ワークショップなどに触れ、ボランティア学生からは次のような感想が寄せられました。 *** 「こんなにも多くの人…

続きを読む

林康子客員教授の公開講座「イタリアの音楽と声」が行われました!

7月1日(土)、音楽学部客員教授の林康子先生による公開講座が香順メディアホールで開催され、学生と大学院生の3人がレッスンを受講しました。ピアノは辻田祐希先生です。 まず3人が以下の曲をそれぞれ演奏したあと、一人ずつのレッスンが始まりました。 1.林 百華(声楽・オペラコース4年)   プッチーニ:歌劇《ラ・ボエーム》より 〈あなたの愛の呼ぶ声に〉 2.倉林 公美(大学院博士前期課…

続きを読む

音楽療法の現場で実習~参加する方々の機能を最大限引き出す~

音楽療法コース3年生には「音楽療法実習」という科目があり、コースの学生全員が履修します。現在、介護老人保健施設において2グループに分かれて実習を行っています。 認知症高齢者対象のグループの学生たちは、入所者のお部屋に行って参加をお誘いし、車椅子を押してセッションの場にお連れすることから始まります。「めだかの学校」、「鐘の鳴る丘」などの懐かしい歌や、歌に関連した写真等を使いながら、参加する…

続きを読む

「ピアノ分解教室~楽器の王様のひみつ~」7月23日(日)のオープンキャンパスで実施!

突然ですが・・・ ピアノの中をのぞき込んだことがありますか? ピアノはどうやって音が出るか知っていますか? 知っているようで知らないピアノの秘密。 7月23日(日)のオープンキャンパス体験授業では、なんと皆さんの目の前でピアノを分解して、楽器の仕組みをレクチャーします! しかも、分解するのはピアノの王様、スタインウェイのグランドピアノです。 「ピアノ分解教室~楽器の王様のひ…

続きを読む

7月9日(日)「音楽大学合同説明会」に参加しました!

7月9日(日)、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)主催「音楽大学合同説明会&シンポジウム」が浜離宮朝日ホール小ホールで開催され、聖徳大学音楽学部も他の大学とともに大学紹介のプレゼンテーションを行いました。 プレゼンテーションのタイトルは「聖徳ブランドのアンサンブルを将来の強みに ~音楽力から社会人基礎力、そして人間力へ~」。音楽学部ではアンサンブルを合言葉のようにしています。仲…

続きを読む